トップ / 歯周病予防がとても大切

歯周病予防がとても大切

歯周病予防が大切です

歯周病予防をしていくことが大事

歯周病は歯の病気として知られますが、これが原因で、内臓疾患を及ぼすことがあるのです。そんな恐ろしいことに繋がるとは思いもしないのですが、実際に起こりうることなのです。その病名として糖尿病が挙げられますが、そのメカニズムは歯周病菌が繁殖して糖尿病を経発するとされます。予防のためにも、日頃からのデンタルケアがとても大切になります。歯磨きに重点をおき、歯の隅々まで歯ブラシがとどくようにキチンと磨くことが大事です。デンタルケアは歯科にても行うことができますので、定期的に足を運ぶとよい結果に繋がっていきます。

エステ,手入れ

歯医者で入れられる詰め物

歯医者さんで保険適用の虫歯治療をすると、銀歯を詰めることになります。しかし見た目がよくありません。そこで、自費診療になりますが、セラミックなどを詰め物にするという方法があります。セラミックインレーの場合、本物の歯とほとんど変わらない見た目を実現できます。コンポジットレジンという素材もあります。これは白い詰め物ですので、銀歯ほどは目立ちません。ただし、奥歯には強度の問題で使えないということもあります。相談してみるとよいでしょう。その他、歯科では歯医者さんが歯ぐきの見た目を良くする治療なども行います。

↑PAGE TOP